2013年10月10日

カヲル君登場!_2・3日目

朝っぱらからの激しい出せ出せ攻撃により、陥落した人間・・・ふらふら
ねねちゃん来た時も二日目からケージは開けてたので、もうよかろうか?と開けましたです。

探検中
20131010二日目1.JPG
余裕のカヲル君と、緊張感がみなぎっているねねちゃん。
ねねちゃんのしっぽは威嚇でぶんぶん動いてます。

おはよーん
20131010二日目2.JPG
気軽に鼻こっつん挨拶に行くカヲル君

驚いて引くねねちゃん
20131010二日目3.JPG
・・・・思うに、ねねちゃんは鼻挨拶を知らないのではなかろーか・・・?
近づいてくるのが何でなのか、自分はどーしたらいいのか分からないご様子。
ちょっとパニック気味。

しかし、カヲル君が離れて行ったらそれはそれで気になる。
20131010二日目4.JPG
ガン見

「僕悪くないもーん」
20131010二日目5.JPG
幼さが武器のカヲル君。
確かに、カヲル君は何も間違っちゃいませんぜ。
ねねちゃんが今まで箱入り一人娘で他の世界を知らないだけ・・・。

がんばってねねちゃんに近づこうとするカヲル君
20131010二日目6.JPG
そしらぬ感じを演出しつつw
しかし、ねねちゃんは緊張の凝視。

ご飯を食べるカヲル君
20131010二日目7.JPG
しかーし!これはねねちゃんの餌だぁぁぁぁ。
貴方のは子猫用ですよあせあせ(飛び散る汗)
この後、餌を取り上げて自分のに誘導・・・。

主にウェットの場合ですが、
カヲル君はあるだけ全部すぐに平らげるタイプ。
ねねちゃんは気が向いた時にマイペースで残しつつ食べるタイプ。
この日以降、毎日の餌やり時はつきっきりで、
「これ違う」
「あんたのこっち」
「もう食べ終わったでしょ」
「ねねちゃんの食べないの!」
と、1時間は余裕でかかりまする。
ねねちゃんがなかなか食べないんですもの〜〜たらーっ(汗)
カヲル君をケージに隔離したり、ご飯の時だけ部屋をわけたりもしてみたけど、ケージは出せ出せ攻撃でエサ食べないし。
部屋を別にしたら、お互い「会わせろやー!」とドアの前できゅんきゅん鳴いてるしもうやだ〜(悲しい顔)
多頭飼いのお宅ってご飯どーやって上げているのでしょう?
秘訣を教えて下さい@@;

カヲル君のご飯光景を、上から冷やかに見つめるねねちゃん
20131010二日目8.JPG
見てないでご飯食べて下さいよぉぉ←給仕からのお願い。

カヲル君がねねちゃんに進撃開始
20131010二日目9.JPG
「ぼくもそこ行く〜」

私には見えない所でなんらかの攻防がっ。
20131010二日目10.JPG

負けるねねちゃん・・・
20131010二日目11.JPG
ねねちゃん貴女この家の先住猫なんですよぉぉ。
逃げずにもっと権利を主張しようようもうやだ〜(悲しい顔)

こーして、ねねちゃんの受難の日々が始まったのでした。

かわいい

とても家に来て二日目とは思えないカヲル君
20131010二日目12.JPG
私の腹と胸の上で子猫が母猫にするもみもみ手でごーろごろ。

あごの下も陥落
20131010二日目13.JPG
か細い声でごーろんごーろん言ってました。
いやー、慣れてくれる子猫ってかわいいもんですねぇー揺れるハート
ねねちゃんのこの当時は、ほぼベッドの下に籠城。
1週間後位に、やっと足元にご飯ねだりに出て来てくれたのが幸せを感じた瞬間でしたねw

この日、保護主さんに送ったメールより
>おはようございます。
>ねねちゃんはケージに近づき、カヲル君も下に降りてきて網?にぴったりくっつき、
>顔を近づけるので、(おっこれは鼻チューか?)と思って見ていると
>お互い「シャー!」て威嚇してました(汗
>その後ねねちゃんはまた吐き・・・・。
>昨日は計2回、今朝1回吐いてます。
>それでも懲りずにケージを覗きに行くねねちゃんですが、さすがにお互いシャー!が嫌なのか、
>今はあまり急接近せず、距離をたもっています。

ねねちゃんはストレスで吐いてしまい、食も細くなって心配な1日でした。
結局、夜中はこれくらいの距離で落ち着いた?二匹でした。
20131010二日目14.JPG

かわいい

カヲル君のトイレ事情
うちに来る猫はなぜかトイレ姿がアクロバティック!
20131010カヲル君トイレ.JPG
ねねちゃんの上を行く、すべての足が縁の上!
なんでそんなに気合い入った格好なんですか?わーい(嬉しい顔)と人間は笑っていましたが、
カヲル君のしっぽは鍵しっぽでねねちゃんみたいにトイレ中にシッポを上にピンっと伸ばす事が出来ないようです。
なのでこの恰好が汚れなくていいんでしょうかねぇ〜?

カヲル君のしっぽ
20131010カヲル君しっぽ.JPG

旦那君はジャックナイフしっぽと呼んでいましたが、私は山菜のぜんまいみたいと思いましたw
20131010ぜんまい.jpg
wikiより。

カヲル君は普段もほとんどしっぽ動かせないですね・・・。
ねねちゃんのしっぽはゆーらゆーらして表情豊かですけど、残念ながらカヲル君の気持ちをしっぽから読み取れないですあせあせ(飛び散る汗)

かわいい

さて、本日のお話。
カヲル君も家に慣れた頃だし、いつもの病院へ健康診断に連れて行きました。

6月頭に保護して、当時500gだったと聞いてるとお話したら、
じゃあ多分生まれたのは4月終わり頃だろうと。
だいたい2ヶ月で500g位らしい。
現在の体重は2.35kg
月齢で考えても標準で問題ない。

身体と足のバランスからそんなに大きくなる子ではないと思う。

目ヤニと鼻くそは白いから目立つのでしょーがない・・・。
濡れたティッシュでふいてあげて〜との事。

問題は後ろ足。
うちに来て右後ろ足を2回位びっこ引いてるのを見たことがあって。
痛がってはいないし、しばらくすると普通に歩くのでなんだろなーと思ってました。
保護主さんちでねぼけて少々高い所から落ちたことがあるらしく、その時3日位びっこ引いてたてのは聞きまして。
その時骨は折れていなかったという事でしたが、その影響でしょうか?とお伺いした所。

猫には珍しいけど、膝の皿がずれて脱臼しやすいのではないかと。
(犬に多いんだけど、最近猫でも増えてきたらしい。前は日本猫にはなかったけど、洋猫の血がまざって増えてきたんじゃないか?とのお話)
膝触ると、スカスカするって言われました。(スカスカってどんなんだ?@@)
右足だけじゃなくて両足とも。
生まれつきではないかと。

猫は犬と違って筋肉が発達しているので、犬ほどはひどくならないかもしれないが、
今後どうなるか(現状維持かひどくなるか)様子見ないとわからないとの事。
酷くなると歩けなくなるので、若いうちに皿の内側をけずる手術をする必要がある場合も。
成長して肥満になったり、年をとって骨が弱くなったら酷くなりやすいが、
年をとってからでは手術が難しいのでやるなら若いうちに。
でも猫の飼い主さんはやらない人も多い。
手術の場合、入院→退院しても1ヶ月はケージに監禁生活になるので、猫だと難しい場合が多いと。。。

頭一杯一杯になったので(よくオーバーヒートする私の頭)、今は経過観察でという事で帰宅。

病名聞き忘れてましたが、ネットで調べた所「膝蓋骨脱臼」だと思われまする。
手術までしなくていい場合、サプリとか病気療養食とかもあるらしく、
他に、犬だと上下運動できないようにするとか?でも筋肉鍛える方がいいとか?
ネットだとサイトによって真逆な事書いてあってやはり症状(グレード?)に合わせて対処が違うのかもしらん。
しかもほぼ犬の事例だし、猫の場合がよくわからないにゃあ・・・。

江東区か墨田区にこの病気に詳しい病院があるらしい?とのネット情報があったので調べてみよう。。。

運動しない方がいいとなっても、運動不足のねねちゃんがいるし、キャットタワーどけるわけにもいかないなぁ・・・。(タワーのてっぺんはねねちゃんお気に入りスポット
でもカヲル君、平気で上の方の段からドンっておりるしな。まずいんかな・・・?あせあせ(飛び散る汗)
それに二人して追いかけっこしまくってるし。。。(今まさにやってる
とりあえずキャットタワーの周りに敷くクッション買いましょうかね。

またお医者さんに相談だなあ。
カヲル君はちっとも痛がってないのが救いである。
(本当は痛いのを隠してるのかしら・・・ねぇ?)

20131010二日目15.JPG
カヲル君、まだまだ小さいのに病気持ちとは・・・うっうっうもうやだ〜(悲しい顔)


↓気が向けばポチっとな。
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村

posted by りん at 21:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
何か増えてるっ!
お友達作るの通り越していきなり家族w
Posted by ユッカ at 2013年10月11日 20:24
増えました!w
一緒に住んでるお友達ですよお☆
宜しくぅ
Posted by りん at 2013年10月11日 22:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/77865984

この記事へのトラックバック